フェブラリーSの感想

勝ったのはまんまと逃げきったインティの武豊。これでフェブラリーS5勝目という最多勝更新。強い馬で武が逃げるとよほどのことがない限りペースを乱されない。そりゃ日本一うまい騎手が逃げてるんだもの。よい位置とって番手でなだれこみたい騎手心理が働くのだろう。 20190217フェブラリーS 東京ダ1600 タイム1:35.6 12.4 -…

続きを読むread more

フェブラリーSの予想

今年も始まってしまったG1シーズン。毎度おなじみの東京ダート1600のフェブラリーS。ルヴァンスレーヴが回避したが新生インティや女性騎手藤田が 初めてG1騎乗のコパノキッキングもいてなかなかの興味深い一戦になりそう。 1.オメガパフューム 2.サンライズノヴァ 3.ゴールドドリーム 4.サンライズソア 5.ノンコノ…

続きを読むread more

勝手慶郎研究

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 さて、我が愛読書は東スポである。もう30年来になろうかというのだが、その東スポの最終レース予想を担当している勝手慶郎氏の予想は微妙に当たり微妙に外れる。非常に参考になるのでその研究をしてみる。ついで朝追い特注も表示しておく。 でも暇なときしかしないと思うので超…
コメント:0

続きを読むread more

ホープフルSの感想

年の暮れに行うG1として定着してきそうな今年だった。それもこれも前日にヤングジョッキーズがあったり次の日に東京大賞典があったり、ホープフルSの当日にはルメール最多勝もかかって、WIN5ではキャリーオーバー。追い風が吹いた。ホープフルは勝ったのは断トツ一番人気のサートゥルナーリア。超スローを前目につけて直線では無理やりこじあけたが鞭なし。…

続きを読むread more

ホープフルSの予想

公開し忘れていたので今更ながら公開。 今年ラストのG1、ホープフルS。やっつけながら予想はしておく。適度に時計がかかる芝になってる中山。皐月賞と同舞台ながらも 直結はしないのは時計が違いすぎるからだろう。 1.サートゥルナーリア 2.ヴァンドギャルド 3.アドマイヤジャスタ 4,ニシノデイジー 5,ミッキーブ…
コメント:0

続きを読むread more

有馬記念の感想

勝ったのは3歳関東馬のブラストワンピース。もう一つG1があるが、秋のG1は関東馬が席巻。東が7勝で西が3勝。もしかすると東西格差は逆転したのかもしれない。それもこれも天栄含めたノーザンがすごすぎる。今年はG1を15勝という恐ろしい成績。しばらくは寡占状態が続くのだろう。 20181223有馬記念 中山芝2500 タイム2:32.2 …
コメント:0

続きを読むread more

有馬記念の予想

年末の大一番、障害王オジュウチョウサンの参戦で盛り上がりをみせ、 なおかつ内枠をひいた。しかも雨予報がでている。 もしかするとの可能性がでたきたのは面白くなる。 ただ雨が降ってもまだ馬場が早い。 1.サトノダイヤモンド 2.モズカッチャン 3.クリンチャー 4.レイデオロ 5.ミッキースワロー 6.パフォーマプ…
コメント:0

続きを読むread more

有馬記念の検証

今年は有馬記念が面白そう=高配当狙えそうなので、ちょいと分析してみる。 過去の馬券に絡んだ馬をざっとみると ・菊花賞好走 ・その年の春天好走 ・牝馬なら京都2200好走実績あり と当たり前のように長距離実績が必要なグランプリでもある。事実、菊花賞馬が7年連続して馬券絡み中。 レイデオロ キセキ 菊花賞馬 シュヴァルグラ…
コメント:0

続きを読むread more

朝日杯FSの感想

好調ミルコに導かれたアドマイヤマーズが、4連勝でG1制覇。コパノリチャード以降、牡馬で活躍が出ずいまいちだったダイワメジャー産駒に待望のG1級かもしれない。日本語も達者になったミルコ的には父ダイワメジャーにあまり似てないとのこと。現2歳最強ともいわれているサートゥルナリアとの乗り分けは難しくなった。ミルコが乗るほうがG1馬だと思うがアド…
コメント:0

続きを読むread more

朝日杯FSの予想

残り3戦となった平成最後の秋G1。レベルが高いと言われる2歳牝馬であるが、 牡馬はいまいちと言われてるだけあって、牝馬No1クラスのグランアレグリアがルメールの都合もあるだろうけど朝日杯へ登録。そしておそらく牡馬最強のサートゥルナリアもホープフルへ。それでも重賞勝ち馬が3頭出てきて人気も集まりそう。牝馬がスライドできたり来週に皐月賞と同…
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップの写真

遅くなったがジャパンカップの写真をとったので貼っておく。今年はJCしかいけなかったな。もうちょい増やせるといいんだけど遠い。 アーモンドアイwith佐々木 キセキ スワーヴリチャード 衝撃のレコード また来年す
コメント:0

続きを読むread more

阪神JFの感想

2歳戦も勝ったのは短期免許で来日中のCデム。 これで秋のG1は川田がスプリンター勝っただけで、 他は外人騎手独占というかノーザン独占。 いやはやなんという時代になったものよ。ここもしっかり1番人気に押されたダノンファンタジーをしっかり勝たすあたりはさすがだし、出遅れてなぜか早めに仕掛けてきた、クロノに進路ふさがれそうになってもひるまずに…
コメント:0

続きを読むread more

阪神JFの予想

現2歳最強と言われているグランアレグリアがルメールの都合で来週に回った。阪神JFは来年のオークスにつながるので注目レースなのは間違いない。やはりディープとノーザンが主役なのだろう。 1.ダノンファンタジー 2.シェーングランツ 3.ビーチサンバ 4.クロノジェネシス 5.ベルスール 6.タニノミッション ディープの…
コメント:0

続きを読むread more

チャンピオンズカップの感想

勝ったのはマイルとクラシックディスタンス連勝中の3歳馬の流れにのったここでも3歳のルヴァンスレーヴ。しばらくいなかったダートの王者誕生かもしれない。東京大賞典はスキップして、フェブラリー直行だろが、このクラスはもう日本では負けないのでは。あとはドバイだが、馬場が違うから過度な期待をかけられないがデムーロとルヴァンなら、大仕事をやってのけ…
コメント:0

続きを読むread more

チャンピオンズCの予想

昨年の覇者でしかもルメール騎乗のゴールドドリームが回避で さみしくなったが元気な3歳勢が参戦してきて世代交代しそうな流れ。久々に米国から参戦してきたがよく来てくれたと思う。 1.ケイティヴレイヴ 2.サンライズノヴァ 3.ルヴァンスレーヴ 4.サンライズソア 5.オメガパフューム 6.パヴェル ルヴァ…
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップの感想

とてつもないレコードが計測された平成最後のジャパンカップ。平成最初のジャパンカップでは2:22.2というとてつもないレコードだった。30年たって計測されたのは2:20.6。アーモンドアイを最強と言ってもいいだろう、と同時にこれでますます海外から来なくなること間違いなし。 20181125ジャパンカップ 東京芝2400 タイム2:20…
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップの予想

海外から2頭と少し寂しいJCとなったが、これでアーモンドアイがどんな競馬をするかが焦点になった。負けるならここだと思う。 キングマンボ系は何気にJCだと勝ちきれず不振。1番人気も不振。が、すべて楽勝してきているアーモンドアイならクリアしそうだが。 1.スワーヴリチャード 2.サトノダイヤモンド 3.アーモンドアイ 4…
コメント:0

続きを読むread more

今後のJCを考えてみた

JCが日本の馬場が良すぎて高速上がりを求められるので世界競馬からガラパゴスになってしまい、日本馬ですら今年は レイデオロがルメール確保できずにJCをスキップしてしまうありさま。こうなってくると世界から置き去りにされた左回りの高速馬場芝2400にどの馬がくんねん、って思う。宝塚にワーザーが来たように芝2000なら香港ついでに来るのではない…
コメント:0

続きを読むread more

マイルCSの感想

なぜか土曜と違ってインが伸びるようになっていた京都の馬場。ずっとインにこだわった3頭で決まりやはり外人外人日本人。日本人は川田か武がくるという結果だった。勝ったビュイックは、土曜は東京で乗っていたけどなかなかの好成績ではあったので、 モチベーションも高かったのだろう。 20181118マイルCS 京都芝1600 タイム1:33.3 …
コメント:0

続きを読むread more

マイルCSの予想

平成最後の、が少なくなってきた秋のG1。その平成最後も外人ばかりで先週はルメールモレイラクリスチャンで1~11Rで勝ち、なおかつ土曜の11,12Rがミルコとまさに外人買っておけば当たる状態。昨年は外人ワンツーだったが今年はどうだろうか。 1.モズアスコット 2.エアスピネル 3.ペルシアンナイト 4.アルアイン 5…
コメント:0

続きを読むread more