宝塚記念の感想

ハーツ産駒はなぜか外人と相性がよく、G1馬7頭中4頭が外人で勝利。宝塚を勝ったリスグラシューは、レーンがテン乗りにもかかわらず、突然先行して古馬筆頭格のキセキを圧倒した。ハーツは5歳でドバイ制覇、クラシックでウロウロしてたハーツ産駒は古馬で厳重マーク。 秋は使うところないので海外にいくそうだ。 20190623宝塚記念 阪神芝220…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝塚記念の予想

令和元年も二月が過ぎた。春のグランプリ宝塚で毎度ながらの締め。 一番人気が飛びまくった春のG1だが宝塚は混戦模様。天気も読めずさてどうなるか。 1.エタリオウ 2.キセキ 3.スワーヴリチャード 4.マカヒキ 5.ステッフェリオ 6.レイデオロ 宝塚と相性のよいステゴ産駒のエタリオウから入る。施行時期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安田記念の感想

今年の春G1はダントツ一番人気が飛びまくった。締めも絶対王者アーモンドアイが 敗北してG1連勝は5でストップ。馬場が良すぎて枠で決まってしまうことが多いからなのか、 今回の場合はスタートでやらかした武がダノンとアーモンドアイなどの進路を狭くしてしまった からなんだろうけど、不確定要素が多い競馬ならではのレースだった。2週続けて運のある馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安田記念の予想

令和春東京G1も終わりの今週は安田記念。ダービー終わって新馬戦が始まると思いきや、頂上対決が残されていたという。しかも超高速馬場で雨は降りそうもないのでマイルで90秒切る時代がきてしまったかもしれない。 1.アーモンドアイ 2.アエロリット 3.ステルヴィオ 4.ダノンプレミアム 5.サングレーザー 6.モズアスコット …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダービーの感想

令和元年最初のダービーは令和の怪物誕生ではなく、なんとびっくり12番人気ロジャーバローズが優勝で記録づくしなダービーとなった。記録尽くしになったレースなのでいろんなデータを集めてみると、  重賞勝ちなしからの優勝 フサイチコンコルド以来  前走G1負け以外のトライアル負けからの優勝 バンブーアトラス以来グレード制初  単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダービーの予想

今週は、令和初のダービーとなるが、ダービーともなるとジンクスが多くあり、乗り替わりでダービー勝てないだのオープン勝ちしかないと勝てないだの共同通信杯勝ち馬はダービー2着までだのいろんなのがある。全部10年あまりの出来事なのでそれ以上前になると存在するので、そんなもんはデータにならんし、データブレイカーのウオッカとフサコンがいる限りなんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オークスの感想

桜花賞組優勢だったが終わってみれば、別路線組無敗ディープのデムーロ騎手ラブズオンリーユー。 普通ならもっと人気になってもよいものだが、他の別路線組のコントラチェックのおかげで、 人気かぶらないですんだようだ。それにしても相変わらず外人しかこない。今年のG1では武福永北村友ルメールルメールルメールデムーロレーンデムーロ。カタカナだらけよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オークスの予想

オークスは、基本桜花賞上がり最速、もしくは人気でこけた馬を買うのが鉄則。 桜花賞勝ち馬が不在なのは最近ではジュエラーとダイワスカーレットのとき。両年とも桜花賞で上がりがよかった馬が来た。少なくとも上がり優秀な馬を買う。 1.ラブズオンリーユー 2.シゲルピンクダイヤ 3.ダノンファンタジー 4.クロノジェネシス …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィクトリアマイルの感想

やはり荒れたヴィクトリアマイル。パターン的に荒れる高速決着の場合は、距離適性をもった馬、今回でいうとマイル要素が入った馬がきたりするのだが、ノームコアはマイル実績のない馬。内枠外人クロフネで来た感じか。それにしても予想が冴えない。引退間際ですわ・・・ 20190512ヴィクトリアマイル 東京芝1600 タイム1:30.5 12.3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィクトリアマイルの予想

先週も荒れたが今週もあれそうな東京マイルG1ヴィクトリアマイル。 前が残ったり差し込んできたりなんでもござれなレース。今週は天候良く一雨もなさそうでBコース始まり。前残りかとおもいきや、京王杯では差し込んでこれてた。 1.ソウルスターリング 2.アエロリット 3.ノームコア 4.カンタービレ 5.プリモシーン …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKマイルCの感想

圧倒的人気のグランアレグリアが馬群に沈み、しかもルメールは進路なくてタックルしてしまったので騎乗停止。サウジアラビアや桜花賞のときはいきっぷりよかったが、今回や朝日杯ではいきっぷり悪い。間隔あけないと全力でいけない天栄馬なのは間違いない。勝ったアドマイヤマーズは、間隔つめてもさすがは友道厩舎、しっかりと仕上げておりこれでマイル5戦5勝。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKマイルCの予想

休みも終わりそうな気分なのでこのまま休みが続いたほうがいいな、と思うようなGW後半。土曜は急な雹で10R以降が中止になったがどうやら良馬場に回復した模様。この時期は晴れればすぐ回復するのでおそらくは1分32秒台の決着だろう。 1.アドマイヤマーズ 2.ファンタジスト 3.グランアレグリア 4.イベリス 5.ダノンチェイサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇賞・春の感想

またまたルメールでいままで勝てなかったディープ産駒、しかも休み明け、おまけに相手も休み明けの関東馬ディープ、と平成の終わりにいままでの通説が覆ってしまった。サクラローレルが2着にきたことはあったが、前年の覇者でもあったわけで経験があった。フィエールマンはまだ6戦目。本当に体質が弱いのか疑わしいところもあるが、ディープ産駒は一戦必勝な馬が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇賞・春の予想

平成ラスト天皇賞。4歳勢が人気だが、世代限定戦でしか実績のない馬ばかりで、荒れる要素がふんだん。フルゲートならもっと荒れる可能性あったがその辺は、少し薄まったか。平成の盾男不在で少し寂しいが春天2勝の蛯名、横山典は健在なので、 ベテランが鍵を握りそう。 1.エタリオウ 2.クリンチャー 3.リッジマン 4.フィエール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皐月賞の感想

やはりというか強かったサートゥナーリア。3角の外から瞬時に加速してミルコのマーズをかぶせてしまった。これでまだ仕上がり途上とのこと。次のダービーでも馬場超悪化とか大外枠とかの大きな不利がない限りは鉄板だろう。なんだか残念な乗り替わりなので応援したくないけどこれも競馬か。ダービー勝ったら凱旋門行ってほしい。アーモンドアイは軽すぎてロンシャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皐月賞の予想

広島がクソ弱い。3連覇してるチームでオープン戦も首位なのに、 こんなになるんか、という感じだ。本人たちは同じことやっていてなんで弱いんだろう、という感じなんだろうけど、やはりどんな世界でも慢心は最大の敵。その慢心の陣営はいるかどうかの今週の皐月賞。トライアルが荒れて、若葉Sだけ断然人気のヴェロックスが勝ったがこの馬も東スポ杯は4着の馬。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜花賞の感想

年明けぶっつけで勝ってしまった、グランアレグリア。ルメールが遠慮なくぶっぱなしたものだからこれまた恐ろしい時計が計時された。馬場がよいと前にいってそのまま押し切らないともう勝てない。それもこれもすべてダイワスカーレットとウオッカが変えたのかもしれない。そんなレースだった。 20190408 桜花賞 阪神芝1600 タイム1:32.7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜花賞の予想

クラシック第一弾桜花賞が新元号も決まった今週行われる。その前にウオッカが亡くなってしまった。思い出深いのが、ウオッカvsダイワスカーレット第二弾。当時ダイワスカーレットのほうが人気なかったが前で残れると予想して馬単を買ったのはよい思い出。結局日本で種付けしなかったけど、英日ダービー馬の産駒はいるが一頭くらいは日本ダービー馬同士の産駒をみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪杯の感想

予想がへたくそすぎて泣けてくる。アルアインかキセキかエポカの前残り 予想してエポカ本命。相手も差してくるのはワグネリアンかブラストかペルシアンがを予想してブラスト。もう全治1月レベル・。勝ったアルアインは、勝つときはこんなもんかのうまくいったレース。最近のトレンドはインで我慢できる 距離適正ある馬を買うこと。北村友は初G1。チャンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪杯の予想

ダノンプレミアムが不在、アーモンドアイとレイデオロ、スワーヴリチャードがドバイいってしまったことが霞むくらいの超豪華メンバーの大阪杯。それもこれも現4歳5歳世代のクラシック上位馬の故障離脱がびっくりするくらいない。出走回数は減ってるけど関係者の努力の結果。つまらなくなったと言ってるやつはこれだけ現役馬の寿命が長くなってるのにようわからん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more