天皇賞・春の予想

無観客で行われるのがもったいないくらいの気候と出走馬が続いている。令和初の天皇賞・春は無観客で平成最後の天皇賞・春を勝った馬がでてくる。G1馬が2頭と少ないものの見どころの多いレースだ。

1.ユーキャンスマイル
2.ミッキースワロー
3.フィエールマン
4.キセキ
5.モズベッロ
6.メロディレーン

長距離砲ユーキャンスマイルから。キンカメがどうの言われているが名門友道厩舎で鍛えられたユーキャンには当てはまらないだろう。元々菊花賞でも3着に入りキンカメ系のデータブレイクをしている。乗り替わりの岩田から浜中がちょいと心配だが代打一発勝負の浜中なら狙える。中団から一気に勝負。

相手は満を持してきたミッキースワロー。これまた長距離ノリが乗るのでしれっと2着があるんじゃなかろうか。菊沢厩舎の関西実績のなさは気になるところだが、穴血統のトニービンが入っているのがよい。

フィエールマンは休み明けでも崩れることもない。だが、遠征帰りで有馬記念4着好走と思われているが全盛期ならサートゥルナーリアと併せ馬でもっと粘れていたはず。人気ほどの信頼感はないと思う。

ほかはキセキが起きたらキセキのキセキ、好枠のモズベッロ、何気に菊花賞最速上がりのメロディレーン。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

フセイン八木
2020年05月03日 13:10
またまたお邪魔させて頂きます。
春・天と言えば、ステイゴールドという時代が終わろうとしているのが、ちょっと寂しく感じます。彼が亡くなって何年も経つので、仕方がない事ですけれど。

でも、最近は好まれないステイヤーが、唯一活躍できる場所が残っているのが嬉しいです。

「長距離は、血統です。」と言える馬に栄光あれ。
シナマサ
2020年05月04日 12:26
フセイン八木さん

終わってみれば長距離は血統でしたね。何回やっても傾向は変わらないのに反省です。これからディープ系とステゴ系の争いに変わっていきそうではありますかね。