セリーグクライマックスシリーズファイナルステージの予想

シーズン終盤の勢いから巨人有利な下馬評だったが、ヤクルトは、神宮での戦い方を知ってるというべきか。巨人は今年神宮での相性が悪く、最後の最後まで挽回できず。まぁ、ラジオ(朝のニッポン放送)で、中日には申し訳ないが、東京在住の私には、なんとかね、巨人に勝ってもらってぜひう日本シリーズにいってもらいたい、とか、ファーストステージのヤクルトなんざ相手にならんようなひどい妄言言われてたので、ざまあみろ、巨人といいたい。

ヤクルト-中日 atナゴヤドーム
さて、文句はここまで、明日から始まるクライマックスシリーズ。シーズンどおりの戦いを取り戻したヤクルトに、後半に突然強くなった中日が迎え撃つ。ヤクルトは、川端代役の森岡が活躍、流れはよいまま、名古屋に乗り込める。ただ、先発を3人使ってしまった。村中を中継ぎに回したのはよかったが、イムの調子がいまいちだ。初戦に投げるであろう増渕の出来が流れを左右しそう。館山は中4日の木曜に投げるとみてる。打線は、伏兵ががんばったが、畠山、青木、宮本がいまいち。このへんが働かないと。

中日は、万全の体勢で迎え撃てる。初戦は最多勝の吉見か。1勝をカウントできる投手なので、中日としては初戦は絶対にとりたい。ヤクルトは、すべてを増渕にかける。早め、早めの継投でなんとか最小失点で逃げ切りたい。1勝のアドバンテージは、中日にとって、十分すぎるぐらいのアドバンテージだ。ナゴヤドームのアドバンテージに加えてのプラスアルファが見込める。打線は貧打そのものだが、少ないチャンスで加点してくるだけに、始まらないことにはわからない面もあるか。

キーマン
ヤクルト ハタケと林
中日 吉見、打線?どうせ打てないし

この記事へのコメント

2011年11月03日 05:04
中日らしいと言うか、今年はこの勝ち方しかできないというようなゲームでした。
でも、勝ちは勝ち。
これからも、いつもどおり行くだけだ。
しかし、浅尾の調子が唯一気になります。
激投の疲れが出なければ良いが・・・・・。
2011年11月04日 19:39
浅尾以外に頼りになる中継ぎがちょいと少ないんですよね。そのへんが急所といえば急所ですかね。毎日接戦だと、昨年のように燃え尽きる可能性もあります。

この記事へのトラックバック