んまとおしろの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 高松宮記念の感想

<<   作成日時 : 2018/03/26 15:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2番人気のファインニードルが勝ち父アドマイヤムーン産駒が昨年に引き続き高松宮制覇。 短距離はアドマイヤムーン、な時代がしばらく続きそう。フォーティナイナーやエンドスイープ産駒は、お助けサウスヴィグラスといい、安定して走る馬が多い反面、トップクラスの馬が出てこずその次を担う種牡馬が出てこなかったが、アドマイヤムーンが短距離を主戦上に日本に根付くかもしれない。日本に足りないのはスプリントを生み出す土壌。早い馬をつくれば、いろいろと選択肢増えるのでいいことだとは思う。このあとゴドルフィンの馬らしく香港遠征や欧州遠征を考えているそうだ。結果次第ではアドマイヤムーンの系統を伸ばしていけるかもしれない。

180325高松宮記念 中京芝1200 タイム1:08.5
タイム 12.0 - 10.3 - 11.0 - 11.4 - 11.5 - 12.3
上り 4F 46.2 - 3F 35.2
1着ファインニードル 上がり34.5
2着レッツゴードンキ 上がり34.6
3着ナックビーナス 上がり34.7

インコースを引いたセイウンコウセイが飛ばしてあとからネロが追いかけたせいか、前半が33.3といつもよりちょい早い。レッツゴードンキは前が開いてしまったのか、すっと先頭に出てしまい、少し遅く出したファインニードルに差し込まれた。もう少し先行勢が粘ってれば勝ったのはレッツゴーだっただろう。これで3回連続スプリントG1を連対というすばらしい記録なのだが、勝たないとなぁ。不運だ。

ナックビーナスは不当に人気が落ちていたのでこっそり狙っていた。三浦がフェブラリーに引き続き人気薄を3着に。今年はどこかでG1初制覇のチャンスあるかもしれない、と思ってたら大阪杯でシュヴァルグランに乗る。阪神2000だと若い馬に分がありそうなので、春天で大仕事あるかもしれない。

レッドファルクスは某競馬予想番組で、前半進んでいかないかも、と言われたように進んでいかなかった模様。距離長めにシフトしてる可能性がある。馬場悪化した場合、安田でがっつり狙いたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高松宮記念の感想 んまとおしろの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる