テーマ:ホームページ

写真集シリーズ稚内編 ~昔のホームページネタ

これでホームページ写真集シリーズラスト。稚内といいながら、近くのノシャップ岬。別の時期に宗谷岬にもいったのだが、そこではデジカメを忘れて写真を撮り忘れるという失態。ノシャップはなんもないが、宗谷岬のほうは、それなりの土産屋がある。はるか昔のよい思い出よのう。 ノシャップ岬 稚内駅から西へ10kmほど離れたとこにある岬、晴れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ屈斜路湖編 ~昔のホームページネタ

あと二回のホームページネタ。今回は、道東の屈斜路湖。道東は自然が手付かずで残ってるところが多く、特徴的な湖も多いので行くところなくなった方はお勧めしたい場所。遠いのと車でないと移動手段がないのが難点。rレンタカーも北海道料金になるし。 屈斜路湖編 屈斜路湖は、日本で猪苗代湖に次いで2番目の大きさを持つカルデラ湖。周囲に温泉が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ摩周湖編 ~昔のホームページネタ

今週はダービー。枠順が発表されて盛り上がってきました。その前に昔のホームページネタを終わらせておく。今回は、霧の摩周湖こと摩周湖編。とてもきれいな湖、だが霧がとても多い地域のため、きれいな摩周湖を見るのは運が必要。ダービーを勝つ運みたいなものか。それよりは少な目の運でよさそうだが。冬と夏に1回づつ行き、冬は見られたが、夏は霧でなんだかわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ釧路湿原編 ~昔のホームページネタ

のこりも少なくなってきた昔のホームページネタ。今思えば、懐かしすぎる。いったいあの1年はなんだったんだろうと思う。だが、あの1年かなければ今の自分はない。それは間違いない。 釧路湿原 展望台にいた幻の魚イトウ、釣りラーにとっては釣りたくてしょうがないらしい。 タンチョウヅルが見えるところ、その名も鶴見台。わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ流氷編 ~昔のホームページネタ

昔、オホーツク海まで流氷を見にいったのでその写真を。温暖化の影響で流氷も見れなくなるかもなぁ。 まだ暗い内の流氷 激寒でした。素肌を突き刺す寒さとはまさにこのこと。口が開かないんだよ。 朝日と流氷 流氷で割った水割り しょっぱいです。次の駅に移動するときに汽車のなかへ持ち込んだもんだから、回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ汽車編 ~昔のホームページネタ

北海道では電車と気動車が走っており、全般的に汽車と呼ばれていた。普通、モーターかディーゼルかなんて気にするわけもないし気付くわけもない。そんな汽車の写真を集めてみた。関東ではまずお目にかかれないシーンでの気動車ではあるので、珍しい写真ではある。 網走駅でのキハ54(朝の網走は寒かった) 流氷とキハ40 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズSL編 ~昔のホームページネタ

当時は北海道でSLが走っていて、雪とSLとセットなんぞそんなに見られる好機はないということで、はるかオホーツク海側まで見にいった。クソ寒かったけど、あの独特のサウンドは一度は生で聞いておくこと推奨。なんとも優雅な乗り物だったことを覚えている。 SLの発着駅”標茶"駅 SL後部 SL全体像(煙が似合うね) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ網走・サロマ編 ~昔のホームページネタ

今度は網走・サロマ編。写真は夏にとったものばかりだが、冬にも流氷見るついでにいった、というか網走の駅に冬の朝に降りた。夜行列車で行き朝一度降りて外気に触れたとき、氷点下20度ぐらいだったのを覚えている。息すると痛いの。温暖化進んだし、おっさんになったので、もう体験することはないかも。 網 走・サロマ 網走と言えば、網走刑務所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ富良野編 ~昔のホームページネタ

久しく放置していた昔のホムペネタを再開しておく。向こうのホムペをいよいよ閉鎖することにしたので、早め早めに進めよう。というわけで今回は、初夏にいった富良野編を紹介。 富良野編 富良野は、北海道のほぼ中心に位置する。そして富良野といえば、ラベンダーと田中邦衛。さすがに田中邦衛は紹介できないので、美しきラベンダー畑の写真を紹介し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ帯広駅前編 ~昔のホームページネタ

昔のホームページネタ編もだいぶ終わりつつある。10年も前のことなのだが、とてもとても懐かしい。もう一度いきたいのう。 帯広駅前 帯広の有名な食べ物といえば、豚丼とお菓子で有名です。十勝原産の豆を使用したお菓子が、なかでも特においしい 。バターサンドで有名な六花亭の本店はここ帯広にあります。豚丼と十勝ビールは頂いてきました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ帯広ばんえい競馬編 ~昔のホームページネタ

外は、えらい風と雨だが、日本vsトンガを見ている。ボールに対する執着心というか集散が甘い、ターンオーバーされすぎだよ。ルーズボールをお見合いしてるし。外人を入れて強化に力をいれてもこんなもんなのかなぁと。 さて、今回はばんえい競馬編。どえらい寒かった記憶しかない。現在では帯広でしか行われてないばんえい競馬。もう一度行けるのだろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ帯広編 ~昔のホームページネタ

写真集シリーズの続き。今回は帯広編。冬にいったのだが、どえらい寒かった記憶ある。だが、飯がごっつううまかった。バン馬がもうここでしかやってないので、もう一度見に行きたいな。 帯 広 北海道のほぼ中心に位置する帯広は、北海道で石狩平野につぐ2番目の大きさをほこる十勝平野にあります。下記の写真は、帯広駅の外観図です。まだ新しい建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ函館山編 ~昔のホームページネタ

今回は、写真集シリーズ函館山編で。城めぐりがマイブームな以上、五稜郭にもう一度行くわけだが、そのとき函館山に行くのだろうか、というところか。 五稜郭に行った後、函館山に登ってきました。夜景は、時間の都合でみることが出来なかったが、ここの夜景は、ナポリ、香港と並んで世界3大夜景と呼ばれる。昼間に登っても、函館の町並、函館湾を望める景…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ五稜郭編 ~昔のホームページネタ

こんどは写真集五稜郭編。 5月某日函館に行って、五稜郭を訪れました。そもそも目的は、函館競馬場で生馬をみに行く予定が、皇太后逝去のため競馬は、行われず・・・・。警備員のおっちゃんにそれを聞いた瞬間、目が点になった(笑)。 わざわざ、遠くにきたからには、函館観光をしようってことになり、戊辰戦争最後の舞台となった、五稜郭を見学しに行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ函館編 ~昔のホームページネタ

写真集シリーズの続き。今回は函館編。 函 館 北海道の最南端に位置する函館。江戸時代後期に長崎、横浜と共に日本初の貿易港となり、本州との海路の拠点として発展してきました。北海道の都市としては、歴史が古く、明治時代、大正時代に建築された多くの建築物が現存します。 下記の写真は、函館駅前にある朝市。かに、鮭、いか、メロンな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集シリーズ 羊蹄山とニセコアンヌプリ編 ~昔のホームページネタ

デジカメで撮影した写真をホームページにまとめていた。だが中途半端のまま放置。このまとめも途中で放置になる、と思われる。 ○羊蹄山 羊蹄山 標高1898m 美しい外観から、えぞ富士とも呼ばれる ニセコ側より撮影 この写真は、洞爺湖側より撮影 ○ニセコアンヌプリ ニセコアンヌプリ 標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

01年度ダービー馬を読む ~昔のホームページネタ

昔のホームページネタとしては最後の競馬ネタ。01年ダービー馬を読むというコーナーをやってみた。当時、暮れに見たラジ短でクロフネ、ジャングルポケットをあっという間に置き去りにしたタキオンに興奮し、共同通信杯でジャングルポケットの物見しながら圧勝でさらに興奮して作った記憶あり。 ’01年度ダービー馬を読む! 例年になくハイレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

00年上がり馬を探す ~昔のホームページネタ

00年は、札幌に居たこともあって、時間もあったのだ。だからこんな無駄な企画をやっていた。ただ、春G1で秋の傾向を読めていたところは、なかなかやるな。ただ、00年ダービーをHペースと評価しているのには残念だ。 ・上がり馬を探すのコーナー 最近でも、マチカネフクキタル、マヤノトップガン、メジロマックイーン、上がり馬と呼ばれる馬達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

00年秋華賞を騎手で予想する ~昔のホームページネタ

00年秋華賞予想をもって、騎手予想は終わり。まぁ結果は知ってるので、差し馬で決まってた秋華賞が、突然前残りになって、こんなもん取れるか!レベルであきらめた記憶あり。おもえば、高速京都の始まりだったな、このへんから。ちょい昔の秋牝馬G1戦は荒れたんだが、最近は牡馬顔負けの牝馬の出現で荒れないこと荒れないこと。これも時代だねぇ。 騎手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

00年宝塚記念を騎手で予想する ~昔のホームページネタ

今週はダービーなんだが、なんだかいまいち盛り上がらん。NHKで特集くんだダノンバラードが離脱とか、全馬SSの孫とか異常だよな。2強対決!とかいいながら、前で決まってしまったオークスのように、これまた前で決まってしまって微妙な空気が流れる予感がする。 騎手で読む 騎乗騎手の展開予想 宝塚記念出走馬および騎乗騎手 ’00…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

00年安田記念を騎手で予想する ~昔のホームページネタ

今度は、00年安田記念編。非常に残念な予想になってる。だが、当てた記憶あるんだよね。万券だったので、帰りに回転寿司食って血統の本を買ったような遠い記憶が。 騎手で読む 騎乗騎手の展開予想 ’00安田記念出走馬および騎乗騎手 6/4 東京競馬場 芝1600 出走馬と騎手と予想 ダイワカーリアン 北村宏 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

00年ダービーを騎手で予想する ~昔のホームページネタ

今度は、ダービー編。この年は、晩年が哀れで・・・。古馬で活躍したのが、ダイタクリーヴァとジョウテンブレーヴ、トーホウシデンぐらいだという層の薄さ。ジーティボスはよう走っていた記憶がある。クラシック馬のエアシャカール、アグネスフライトらは、ひとつ上のオペラオー世代には歯が立たない、ひとつ下のジャンポケ世代には、相手にされず。○外のアグネス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

00年オークスを騎手で予想する ~昔のホームページネタ

このブログを始める前にホームページを作ってた。もう維持するのも面倒くさくなってきたので、こっちのブログに集約する。というわけで、最初の移行は00年度版オークス騎手で予想するのコーナー。多少、このブログ向けに文章を改定してあるが、中身はほとんどいじらないで貼る。馬と騎手がナツカシさを感じえない。ただ、予想は相当しょぼい(笑) 騎手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more