マイルCSの予想

今週からビュイックとムーアまで来て外人オールスター状態。フランキー来てたら、と思うとこれだけのトップジョッキーを集められる日本競馬は、賞金もそうだが馬レベルももちろん、食などそれ以外のものが、日本は整ってるんだなとラグビーワールドカップから強くそう思うようになった。明治維新から150年、やっと欧州に文化が追いついてきた。ちなみにビュイッ…
コメント:0

続きを読むread more

エリザベス女王杯の感想

最近の競馬、特に競馬場を1周するコースだと枠順の有利不利が大きすぎるのか、インコースがバンバン来る。逃げるのは日本騎手だが必ずインが空く。このレースも勝ったラッキーライラックは内で溜めにためたスミヨンの好騎乗となるが、外人に内を明けすぎだ。 20191110エリザベス女王杯 京都芝2200  12.7 - 11.6 - 13.3…
コメント:0

続きを読むread more

エリザベス女王杯の予想

楽しみにしていたフランキー来日が伸びてしまったどころか、来ないかもしれんという。なんという残念なニュースすぎてショック。今週は、古馬G1馬が1頭と寂しいエリザベス女王杯となった。 1.ラッキーライラック 2.ラブズオンリーユー 3.ウラヌスチャーム 4.センテリュオ 5.クロノジェネシス 6.シャドウディーヴァ そ…
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーワールドカップ2019観戦その4

今日イングランドと南アフリカとの決戦が行われるその前にニュージーランドとウェールズとの3位決定戦が東京スタジアムで行われたのだが、それを見にラグビーワールドカップ最後の観戦へ。プール戦とトーナメントの雰囲気は違い、3位決定戦はおまけみたいな感覚もあるが出場している選手たちにはそんなの関係ないし、点のとりあいになることが多く決戦の前を飾る…
コメント:0

続きを読むread more

天皇賞・秋の感想

桁違いの強さを見せたアーモンドアイ。これでG1を6勝目。強すぎて話題にもならんような内容だった。秋天は波乱の歴史だが、単勝1倍台での勝利は、ミスターシービー以来とのこと。 20191027天皇賞・秋 東京芝2000 1:56.2 12.8 - 11.4 - 11.5 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 11.3 - …
コメント:0

続きを読むread more

天皇賞・秋の予想

高速決着が見込まれたが週末の雨で超高速にならなそう。東京は乾くのが早いのでそれでも1:58台の走破時計になるだろう。G1馬10頭という豪華メンバーのなか勝てるのはどれか。ちなみに今まではG1馬9頭が最多でこのとき勝ったのはカンパニー。G1未勝利馬だった。 1.アーモンドアイ 2.アエロリット 3.ワグネリアン 4.サートゥル…
コメント:0

続きを読むread more

2019城めぐり ~浜松城編

台風襲来前日エコパでの豪州ジョージア観戦前に続100名城一つ目の浜松城へ。せっかく遠出するなら城でも行ってこう的なノリで100名城は東海地方すべて制覇していたので、新100名城を探したところ、東海地方には城が多く近いところに浜松城があった。友人との待ち合わせ場所を浜松にしたので、というところでの続100名城最初の訪問先とした。東名浜松浜…
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーワールドカップ2019観戦その3

台風上陸前日にエコパスタジアムまでオーストラリア対ジョージアを見に行ってきた。朝出発してまだ雨は降ってなかったが、御殿場あたりで大雨、東名が高波で通行止めな上に東名左ルート工事で通行止めで渋滞気味、新東名120kmで工事していて混雑気味。浜松で友人と待ち合わせてエコパのパークアンドライドで観戦した。雨は降っていたものの、ボランティアがと…
コメント:0

続きを読むread more

菊花賞の感想

ワールドプレミア菊花賞制覇、昭和平成令和の菊花賞を勝ち、最年少最年長菊花賞勝ち、菊花賞最多5勝目、レジェンド記録をまたしても更新した武豊。そして数々の長距離砲を生み出してきた友道厩舎にも初菊花賞をプレゼント。ディープ産駒は長距離だめだ、とか言われてきたがここにきて3頭目の菊花賞馬。年齢重ねると長距離へシフトするようだが、ディープ産駒も例…
コメント:0

続きを読むread more

菊花賞の予想

今夜は、ラグビーワールドカップベスト8の日本対南アフリカ。土曜のNZ対アイルランド見た感じだと歯が立たないかもしれないが、キープし続けてPG入れまくれば、4年前のようにチャンスある。そのまえに3歳最後の1冠菊花賞。皐月賞馬ダービー馬不在な上にダノンが短距離いってしまったので春に馬券に絡んだのは、ヴェロックスのみ。しかもトライアル勝ち馬す…
コメント:0

続きを読むread more

秋華賞の感想

ブレイブブロッサムベスト8進出おめでとう。まだ戦いはこれからだがまずは第一段階を突破したと喜ぼう。次戦の南ア戦が楽しみで仕方ない。さて秋華賞だが、2歳からトップクラスの実力がありながら、G1には届かなかったが陣営が休ませてぶっつけで行った戦略がうまくいった。ノーザンの戦略なのかはわからんが、調教師がオークスと比較して8割くらいで走れる状…
コメント:0

続きを読むread more

秋華賞の予想

台風来襲で土日の東京競馬は中止、京都は馬場悪化で不良馬場、桜花賞馬オークス馬不在でオッズも混戦模様。日曜も馬場悪化は残りそうなので、距離長めがよさそうな雰囲気はする。高速馬場なら内枠先行がよいが、予想が難しい。しかも昨晩は新聞が手に入らず、今朝も探しまくってやっとこ買えたのは慣れないスポニチ。当たる気がしない。 1.エスポワール …
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーワールドカップ2019観戦その2

フランス対アルゼンチン戦に引き続きニュージーランド、いわゆるオールブラックス対ナミビアを観戦しにいった。今度は京王線飛田給からの歩き参戦だったので京王線内からオールブラックスや日本代表のジャージを着ている人が多く外人も多め、飛田給駅に降りるとホームにあふれるくらいの客がいて駅員さんの誘導なしでは駅から出れない状態。さすがはワールドカップ…
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーワールドカップ2019観戦その1

ちょいと書くのが遅くなってしまったが、9/20に開幕したラグビーワールドカップを見に行ってきた。その開幕した次の日9/21のフランスvsアルゼンチン戦。武蔵境からシャトルバスで向かうことを選択。武蔵境駅を降りるとラグビーアピールはあるものボランティアが誘導してるくらいでラグビージャージ来てる客、外国人が多少多いかなで雰囲気もワールドカッ…
コメント:0

続きを読むread more

スプリンターズSの感想

高速決着となったスプリンターズS。勝ったのは史上初のサマースプリントからの連勝となったタワーオブロンドン。中1週の強行で阪神芝1200をレコード、また中2週で中山の坂を克服と保護ローテが一般的になった今では、珍しいタフなチャンピオンが誕生だ。 20190929スプリンターズS 中山芝1200 タイム1:07.1 11…
コメント:0

続きを読むread more

スプリンターズSの予想

ラグビーワールドカップが盛り上がっているので、正直競馬はお休み状態。ブログも放置してたら、仕様が変わって投稿しずらい。それでも競馬はライフワーク。令和初のスプリンターズSの予想を行う。 1.ファンタジスト 2.イベリス3.タワーオブロンドン4.ダノンスマッシュ5.リナーテ6.アレスバローズ 天気が微妙だが中山は高速馬場のまま…
コメント:0

続きを読むread more

宝塚記念の感想

ハーツ産駒はなぜか外人と相性がよく、G1馬7頭中4頭が外人で勝利。宝塚を勝ったリスグラシューは、レーンがテン乗りにもかかわらず、突然先行して古馬筆頭格のキセキを圧倒した。ハーツは5歳でドバイ制覇、クラシックでウロウロしてたハーツ産駒は古馬で厳重マーク。 秋は使うところないので海外にいくそうだ。 20190623宝塚記念 阪神芝220…

続きを読むread more

宝塚記念の予想

令和元年も二月が過ぎた。春のグランプリ宝塚で毎度ながらの締め。 一番人気が飛びまくった春のG1だが宝塚は混戦模様。天気も読めずさてどうなるか。 1.エタリオウ 2.キセキ 3.スワーヴリチャード 4.マカヒキ 5.ステッフェリオ 6.レイデオロ 宝塚と相性のよいステゴ産駒のエタリオウから入る。施行時期…

続きを読むread more

安田記念の感想

今年の春G1はダントツ一番人気が飛びまくった。締めも絶対王者アーモンドアイが 敗北してG1連勝は5でストップ。馬場が良すぎて枠で決まってしまうことが多いからなのか、 今回の場合はスタートでやらかした武がダノンとアーモンドアイなどの進路を狭くしてしまった からなんだろうけど、不確定要素が多い競馬ならではのレースだった。2週続けて運のある馬…

続きを読むread more

安田記念の予想

令和春東京G1も終わりの今週は安田記念。ダービー終わって新馬戦が始まると思いきや、頂上対決が残されていたという。しかも超高速馬場で雨は降りそうもないのでマイルで90秒切る時代がきてしまったかもしれない。 1.アーモンドアイ 2.アエロリット 3.ステルヴィオ 4.ダノンプレミアム 5.サングレーザー 6.モズアスコット …

続きを読むread more