宝塚記念の感想

驚くくらいの圧勝劇だった今年の宝塚記念。結局春の古馬G1は春天以外すべて牝馬が勝ち、牝馬を軸にしないと馬券は当たらない状態。秋はコントレイルvs牝馬勢になりそう。その宝塚記念を圧勝したクロノジェネシス。いきなり雨が降ったようで苦にする馬が出た中、外枠もよかったようにいつものようにかかりながら追走、3角から前に迫り直線で一気に引き離す横綱相撲。いくら馬場やコースや距離が向いたとはいえ、なんという強さという感じだ。秋も活躍できれば年度代表馬がみえてくる。

20200628宝塚記念 阪神芝2200 タイム2:13.5
12.3 - 10.9 - 11.4 - 12.7 - 12.7 - 12.4 - 12.4 - 12.4 - 11.9 - 12.1 - 12.3
上り4F 48.7 - 3F 36.3
1着クロノジェネシス
2着キセキ
3着モズベッロ

昨年の牡馬クラシック組が残念な中、サートゥルナーリアだけ上位にがんばった。4歳では上位だが牝馬の壁は厚そうだ。2着はキセキ、これでG1銀メダル5つ目でいつもとは違った差してくる競馬。珍しく折り合いがついておりこのままユタカを乗せればどこかで現代の名バイプレイヤーはどこかでチャンスあるか。

モズベッロは馬場不問なのだろう。ディープの子たちが活躍しはじめてるので、G1をにぎわす日もそう遠くなはない。いつもは右回りだと内にささるがそれがなかった。森田厩舎はいつのまにか長く活躍して穴をあける馬が多いので馬場不問距離不問のモズベッロもそうなりそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年06月29日 22:00
キセキを予想されているのは、流石ですね。
展開は違いましたが、昨年リスグラシューの二着ですから、来ても可笑しくありませんよね。

自分としては、ラッキーライラックが負けて残念でしたが、阪神のこの距離での走りとしてはちょっと考えられない状況でした。馬場だと想いたいです。
シナマサ
2020年07月05日 22:06
フセイン八木さん>
こんにちは。
宝塚記念のような非根幹距離の特殊な距離のレースはリピーターが多いので、それで何度も痛い目にあっているのでキセキは押さえました。ラッキーが伸びずに3連系は外れましたが。そのラッキーは手ごたえがあまりよくなかったようなので、距離やコースは考えにくいので馬場なのでしょう。