オークスの予想

人間っていうのはいかに危機的状況に陥ったときにどのような行動をするか、ってのが人間の価値を決めるな。競馬界はなんとかして開催しようという気概が世界一の環境を生み出していることがわかる。関係者も世界トップの意識があるのだろうな。今年のオークスも無観客なのがもったいないくらいのレースを期待しよう。

1.デアリングタクト
2.スマイルカナ
3.サンクテュエール
4.マルターズディオサ
5.ウインマリリン
6.クラヴァシュドール

デアリングタクトには逆らいようがない。極悪馬場で一頭だけド根性で差し込んできた能力は牡馬含めて世代トップクラスだろう。ただ高速馬場の対応だけが未知数なので何かにやられてしまう可能性は否定できない。流れが少しでもきつくなってくれることを祈ろう。

相手は桜花賞人気だった馬、もしくは好走したのになぜか人気ない組を買う、3着なのに人気急落のスマイルカナ、ルメール騎乗なのに大外が嫌われたサンクテュエールが相手本線。特にサンクテュエールはデゼルのおかげなのかいつもの年なら人気落ちしないはず。

人気急落組からマルターズディオサ、チューリップ賞勝ちは昔から穴になる。タケシからノリへ乗り替わって勝ったらめちゃくちゃ絵になるウインマリリン、個人的にはウインマリリンが勝つのがみたい、セイウンスカイばりのガッツポーズを。ミルコにインコースを与えてはいけないのクラヴァシュドール。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年05月24日 23:05
ウインマリリンは、惜しかったですね。
横典さんは、息子さんへの「お手本」となるような、完璧な騎乗だったんですけれど、それを差し切るのですから、参りました。

勝ち馬は、輸送前の馬体重がマイナス4kgだったので、大丈夫かなと思っていましたが、当日はプラスマイナスゼロでした。不思議です。
シナマサ
2020年05月26日 23:53
ウインマリリンは一瞬金星かと思いました。手塚厩舎勢が今年は好調だったので秋も妥当デアリングタクト一番手で勢力図が変わらないかもしれません。
それにしてもデアリングタクトは強い。ブエナビスタ級の活躍はしそうです。