桜花賞の予想

競馬だけでも開催されるだけで感謝、と言われてるが、ここまで拡大してしまい根本的に悪いのはあの国とあの組織。各国が着々と損害賠償を求めるような動きになっているので各国で戦争しまくってた20世紀初頭もこんなだったのだろうな。経済活動ができなくなって温暖化が止まったりするかも。さて今週はおなじみクラシック第一弾の桜花賞、メンバーも豪華で天気が微妙というかなりの難解で面白い一戦。

1.レシステンシア
2.ミヤマザクラ
3.マルターズディオサ
4.クラヴァシュドール
5.デアリングタクト
6.サンクテュエール

チューリップで断然人気だったがやらずで負けたのかそれともあれが実力なのかわからんが、調教でがっつり動いたレシステンシアから。馬場が渋ってスピードが消されるという理由でオッズが下がっているなら逆にねらい目。大きな馬体で坂路であのくらい動く馬が重が苦手なわけがない。オークスは距離が長いのでここがメイチだろう。

相手は、マイル以下しか経験ない馬が多いなか5着安定っぽいが福永のミヤマザクラを。阪神外回りでこの枠なら位置をとられてまた伸びず差されずの残念な負け方はないだろう。兄貴たちは馬場が渋ったほうがよいタイプが多い。

好相性のシンザン記念馬サンクテュエールも抑える。手塚厩舎が栗東にもってきているマルターズディオサ、安定しているクラヴァシュドールに超新星のデアリングタクト。名前を挙げたところは人気どころだが人気薄ではヤマカツマーメイドとインターミッションを、アメリカンな馬が多いので重めの血統が入っているこの馬はどうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント