んまとおしろの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋華賞の感想

<<   作成日時 : 2018/10/15 09:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

圧倒的な強さで牝馬三冠に輝いたアーモンドアイ。アパパネやジェンティルは、
他馬の抵抗にあったはずなんだが。全てがディープばりの楽勝であった。 今後はJCと言われているがルメールはどちらに乗るのか興味ある。

181014秋華賞 京都芝2000 タイム1:58.5
12.1 - 10.9 - 12.7 - 12.1 - 11.8 - 11.9 - 11.8 - 11.5 - 11.8 - 11.9
上り 4F 47.0 - 3F 35.2
1着アーモンドアイ 上がり33.6
2着ミッキーチャーム 上がり35.4
3着カンタービレ 上がり33.9

先行馬が多く流れがきつめになるかと思いきや、ミッキーが先手をとると、だれも競りかけない、というより競りかけにいくだけのスピードある馬がいない。アーモンドアイに勝つには前で先に抜け出す、という馬が何頭かいるかと思ってたが、それもできる馬がいなかった。唯一ラッキーライラックができるはずだったが、調子悪かったのは本当のようで、何もできずに終わってしまった。アーモンドアイも早めに仕掛けることもなく外から普通に差しきってしまった。まるでディープインパクト。絶対能力が違いすぎる。

調教タイムと馬柱を見たときはミッキーが相手本線だったのに、くっそヒロシめ。その2着きたミッキーはもうちょい距離が短いほうがいいだろう。来年のマイルで馬場がパンパンなら残れる。

カンタービレはユタカテン乗りで性能を掴んでないのか、アーモンド徹底マーク。瞬発力違いすぎで仕掛けどころが遅れてしまった。だがこの馬も走る。エリ女に出てくれば勝ち負けできる。ただし、ひとつ上の世代、現4歳牝馬が強いので、斤量差でどこまで戦えるか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋華賞の感想 んまとおしろの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる