んまとおしろの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018プロ野球順位予想パリーグ

<<   作成日時 : 2018/03/28 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パリーグ編も引き続き順位予想。 ソフトバンクの巨大戦力にほかの5チームがどう挑むか、ってところか。大谷や牧田、平野といったリーグを代表する投手がメジャー移籍してるので、いまいち盛り上がりにかける。

1.ソフトバンク
2.オリックス
3.楽天
4.西武
5.ロッテ
6.日ハム

昨年日本一の変わらないだろう。7回終わって勝っていれば、 73勝3敗とかいう抜群な勝率を誇っていた。それもサファテあってのものだろう。こけるとしたらサファテが怪我でこけたときか。打撃も内川柳田デスパイネのうち、 誰かこけると打撃力が急に落ちるので穴を埋める選手、上林や松田が鍵。先発が出遅れ気味なので、夏場までそろわないようだと届かないかもしれない。

オリックスの調子が良いみたい。平野が抜けたのは痛いのでFAでとった増井が穴を埋めると昨年よりは打撃陣がシーズンはじめからそろっているので、 台風の目になるかもしれない。宗は隼人時代から有名だったがまさかこんな スケールあふれる選手になりそうになるとは。選手はそろってる、あとは首脳陣だろう。

楽天はなんだかんだで3位にはいるだろう、昨年より戦力が落ちたわけでもないし、昨年は茂木とペゲーロが打線を引っ張っていたが、茂木の怪我と共に失速。 シーズン通して安定した戦いができるかどうか。抑えの松井の離脱も大きく、主力がシーズン戦うことさえできれば優勝もある。

西武は牧田と野上という二枚の1軍投手が抜けてしまった。いくら打撃がよくても、勝てる試合を落としてしまうと上位進出するのは厳しい。ただ、打線の破壊力だけ みるとリーグどころかNPB屈指なので打ち続ければ優勝ある。

オープン戦好調だったロッテ。昨年も好調だったが、超絶貧打になってしまい、シーズン早々から最下位だった。今年は、井口新監督で打撃練習を繰り返しているので昨年のようなことはないはず。角中が昨年からの不調から抜け出していない長打は期待できないが。

日ハムは大谷抜けて、清宮がたぶんシーズン後半にならないと出てこれない。あまりプラス材料がないので最下位かもしれないという、穴予想してみる。なんだかんだで不思議なチームでダメな時こそ上位に来たりするし、レアードや西川、近藤は健在なのでいきなりの大失速はないだろうけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018プロ野球順位予想パリーグ んまとおしろの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる