んまとおしろの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋華賞の感想

<<   作成日時 : 2017/10/16 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

思ったよりも雨が強く降ったようで馬場悪化で秋華賞としては、初めての重馬場。勝ったルメールが泥んこだったのが印象的なレースになった。昨年からデムルメ時代に突入しているが、今年の牝馬路線は、
 桜 池添武ルメ
 樫 ルメ和田デム
 秋 ルメ武デム
とルメデム武が2回づつ。武は同じ馬だが、デムルメは違う馬というのがポイントかな。牡馬も同じような結果になるかもしれない。
 皐 松山デム武
 ダ ルメ四位デム
 菊 ルメ武か?あると思います。

171015秋華賞 京都芝2000 タイム2:00.2
12.2 - 11.0 - 12.4 - 11.9 - 11.6 - 12.0 - 12.1 - 12.5 - 12.1 - 12.4
上がり4F49.1-3F37.1
1着ディアドラ 上がり35.7
2着リスグラシュー 上がり36.2
3着モズカッチャン 上がり36.6

久々に見た後半12秒連発のラップ。前半でいってしまったカワキタとそれを追いかけてしまった、ファンディーナとアエロリット。ノリと岩田、両方ともに手綱を必死に抑えていたのが、印象的だった。2頭ともデムーロのモズに張り付かれており、とても厳しかっただろう。

モズは一瞬やったかと思ったが、末脚自慢のリスグラシューとディアドラに差された。G1のデムーロは頼りになる。これで、オークスからG1は6連続馬券圏内。いつまで続くか。

勝ったディアドラは出遅れてしまい、外を回したら届かないと思ったルメールが
思い切ったイン付き。ファンディーナがばてて下がっていったスペースをすっと抜けてきて、直線ではいつの間にかリスグラの後ろにいた。さすがとしかいいようがない。エリ女ではルメールがヴィヴロスにいくので、岩田に戻ると思うが雨が降るとG1連勝あるかもしれない。
ハービンジャーは待望のG1制覇。関係者がハービンジャーの癖をつかみつつあるので、牡馬でもG1勝つ馬が出てくるかもしれない。

リスグラシューは加速が悪いので馬場が悪くなったのがよかったが、ハーツらしくワンパンチ足りない。ただし来年の宝塚は注意したほうがいい。おそらくレースが終わったころに飛び込んでくる。

関西のレースで関東馬を本命にするのはリスクあるとまたしても思い知った。いい加減学習しろ、と。アエロリットは良馬場で見直したいけど使うところが難しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
秋華賞の感想 んまとおしろの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる