んまとおしろの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪杯の感想

<<   作成日時 : 2017/04/03 10:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

勝ったのは年度代表馬キタサンブラック。精密機械ユタカが乗ると平均ラップを 刻んでしまい恐ろしく強い。昨年の激闘の疲れがまったくないような勝ち方だった。惜しくもなくなってしまったがミホノブルボンの完成形がキタサンブラックだったのだろう。大きな馬体しつつ疲れをまったく見せない、こんな馬は牡馬では久々だ。

170402大阪杯 阪神芝2000 タイム1:58.9
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0
上り 4F 47.1 - 3F 35.3
1着キタサンブラック 上がり34.3
2着ステファノス 上がり34.2
3着ヤマカツエース 上がり33.8

宝塚はもうちょい楽になるので昨年のリベンジはできそうだ。現4歳が次でぶつかるサトノダイヤモンド以外微妙になってしまったし。あとはシャケトラいるけど、春天ではサトダイとのオッズがどうなるか見もの。

ステファノスはいつもより出していったことで良い位置を取れた。それが功をなして2着に滑り込めた。こんなこと出来るのか、というイメージ。ディープ産駒は、フィエロもそうだが長く活躍できる馬は長く活躍する。

ヤマカツエースはよく足を伸ばして3着確保。マカヒキよりも上がりを上回った。宝塚ではブラックの強敵はこの馬だろう。枠が外すぎた。

マカヒキも外だったが、ヤマカツよりも上がりで負けてる。フランスにもっていったことで馬体が変わってしまったかもしれない。差してくるより前で粘りこむ形をとればまだわからん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪杯の感想 んまとおしろの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる