んまとおしろの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 有馬記念の感想

<<   作成日時 : 2016/12/25 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

勝ったのは3歳のサトノダイヤモンド。年度代表馬をぐっと引き寄せたかも。ダービー2着に菊と有馬ではキタサンと比較すると少しインパクト欠けるが、いずれにせよ接戦になるだろう。馬主とセットで盛り上げたキタサンに上げたい記者がどのくらいいるかってところ。

父ディープもチャンピオンホースをとうとう出した。SSがスペシャルウィークを出してから走る馬を出したように今後もディープの一線級が 競馬を引っ張っていきそうだ。ディープキンカメ2強時代に割ってくるのはどの馬だろうか。 オルフェが残念だとこのままかもしれない。

有馬記念に戻るとダイヤモンドの操作性とルメールの好判断が光った。中団にかまえつつ、前が楽してるとみるや押し上げてキタサンを射程圏に捕らえた。大とびながらも操作性がよいのがこの馬の特徴。来年は凱旋門目標なので、春はゆったりとしたローテになりそう。来年の4歳勢春は残念なメンバーになるかも。短距離は充実してるが。

2着に入ったキタサンブラックは男の武器を持っているので、先行できればよほどのことが ない限り沈没しない。坂があると差し込まれる。京都や東京なら押し切れたが、有馬記念は中山だった。なぜか人気なかった大阪杯、差し返した春天、馬場悪く爆裂ペースで3着に残った宝塚、楽勝した京都大章典、祭りつきのJC、そして有馬2着と今年1年はキタサンの年だった、お疲れ様といいたい。
目いっぱい走った反動がなければいいのだが。

3着はゴールドアクター。キタサンを目の前に絶好の位置取り。昨年なら差せたが、残念なことに1つ年をとってしまっていた。まだ現役らしいので中山重賞なら勝てるでしょう。

最速はヤマカツエース。冬場は具合がいいみたいなので、はまればまだまだ勝てる。人気になりにくいタイプだし、積極的に狙ってみたいタイプ。父キンカメは調子乗ると止まらなくなので、もしかすると来年はヤマカツの年になるかもしれない。

161225有馬記念 中山芝2500 タイム2:32.6
6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1
上がり4F 47.6 - 3F 35.9
1着サトノダイヤモンド 上がり35.5
2着キタサンブラック 上がり35.8
3着ゴールドアクター 上がり35.7
4着ヤマカツエース 上がり35.1(最速)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
有馬記念の感想 んまとおしろの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる